秋鮭ときのこの炊き込みおこわ

きつねうどん用に油揚げを買ってしまったので、これにも入れたら邪魔だった(悲)

甘辛に近い混ぜご飯ならありだけど…

ってか…炊き込んだものをおこわと言って良いものか?そこも微妙(苦笑)

そういうわけでレシピからは油揚げを削除。

最近、ここを一度整理しようか?なんて事を考えてる。

料理の中身が悪いのもあるけど、使っていたアドオンの調子や使い勝手が悪いというのも…

中身を修正したいレシピばかりだし…

アドオン無しで、新しく書き直そうかと悩んでいる。でも面倒で…(汗)

 


気に入っていただけたら応援をお願いします。


 


■作り方

□材料

  • うるち米(普通の米)1合※作り方の★参照)
  • もち米1合
  • 舞茸1/2パック
  • しいたけ2枚
  • しめじ1/2パック
  • 秋鮭の切り身1枚
  • [A]だし用昆布10〜15cm角1枚
  • [A]水500ml
  • [A]天然塩小さじ1/3
  • [A]酒大さじ1
  • [A]みりん大さじ2
  • [A]醤油大さじ2

□作り方

[準備]

  1. 米は洗って水に入れ、一晩置く。※土鍋炊飯なので、きちんと浸水しておいた方が良い。まだ暑いので、私は冷蔵庫で寝かせた。
  2. [A]材料の水を鍋に入れ、昆布を入れておく。※私は出汁が出やすいように、数カ所切り込みを入れておいた)
  3. 別の鍋で湯を沸かし、少量の塩(分量外)を入れ、軸を取って小房にわけた舞茸を湯通ししておく。

[調味液を作る]

  1. しいたけは、軸と傘に分ける。軸は、軸の硬い部分(先っちょ)は切り落としてから細切りに。傘はスライスする。
  2. しめじは軸を取り、小房にほぐす。昆布を入れた鍋に[A]材料の昆布と水以外を入れてよく混ぜる。
  3. 調味料を入れた昆布の鍋に、準備したきのこ類(舞茸も)を入れて、鍋を火にかける。※私は弱めの中火にかけた。
  4. 調味料を入れた水が沸く直前に火を止めて、ザルをセットしたボウルに流し入れて、液ときのこを分ける。
  5. 調味液の味見をして、昆布の出汁がきちんと出て入れば良いが、足りないと感じたら、炊く時に茹でこぼした昆布を入れるので取って置く。※不安なら顆粒だしを溶かし入れる。(昆布の大きさが足りて入れば、まず大丈夫だけど)

[米の準備]

  1. 調味液が冷めるまでの間に、米をザルにあけ、水切りをする。

[鮭を焼く]

  1. 鮭の切り身に、塩(分量外)と酒(分量外)をふり、両面を焼く。
  2. 鮭が焼けたら、骨を取りながら、粗くほぐしておく。

[炊く]

  1. 土鍋に水切りした米を入れる。昆布出汁の味が薄かった時は、米の下に、さっきの昆布を入れる。
  2. ★冷めた調味液も土鍋に入れる。分量は、米を研ぐ時に、1カップメモリまで量ったなら、調味液は同量の1カップメモリぐらい。(少し水を減らした方が、粒の良いごはんになる)私の場合、米用計量カッぷ(1杯が1合のもの)を使ったので、米はそのカップに2杯入れた事になる。だから、そのカップで2杯弱(うるち米1杯分、もち米1杯分で、1杯8分目ぐらいの量を量った)を入れた。土鍋炊飯の場合、給水だけしっかりしておけば、水加減はアバウトで大丈夫。
  3. 土鍋に蓋をして、グツグツと沸くまで強火にかける。※もち米が入ると吹きこぼれしにくいので、沸騰に気がつきにくい。音をよく聞いて判断する。
  4. 沸騰したら弱火にして2〜3分待つと、水分が減って、米の表面が水位より上になる。米より水位が下がったら、ザルに入れていたきのこ類と、焼いてほぐしておいた鮭を入れて蓋をする。※手早くやらないと米に芯が残る。
  5. さらに2〜3分待つと、水分がほぼ無くなった状態の音に変わるので、その音を確認したら火を止めて15分〜20分蒸らす。
  6. 蒸らし終わったら、下から返すようによく混ぜる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*