プリン型でバナナシフォン

※このシフォンケーキにぴったりなケーキソース(モカチョコ)のレシピを書きました。シフォンケーキに添える生クリームが余った時やバナナの消費に困った時にいかがでしょう?

 


不安になりながら頑張った!フッ素加工のあるセリア製プリン型で焼いたミニシフォンは、弾力のある生地を作れば怖いもの無しかもしれない?

なんて、焼いてみてから強気になった(笑)

見た目がこんな写真で、なんだかな(笑)

実は、生地に混ぜたバナナが底にもあってね、型が小さいから、バナナがある周囲だけ見た目が綺麗じゃないの。

写真撮ったけどボツにした。

もともと、最近「写真撮っちゃうよー」という気合が入らないの(汗)

「レシピ残せればいいじゃん」という適当さで生きているこの頃です。


気に入っていただけたら応援をお願いします。


■バナナシフォン材料(プリン型6〜8個分)

□A生地

  • 卵黄2個分
  • オリーブオイル(ピュア)28ml
  • 水8g
  • 砂糖8g
  • 薄力粉40g
  • ぶつ切りバナナ30g

□B生地

  • 卵白2個分
  • 砂糖40g
  • コーンスターチ5g

□その他

  • 適当に荒く刻んだバナナ55〜60g(1本のバナナからA生地分を取り分けた残りを使いました)

【作り方】

オーブンの余熱(170度)は、準備が終わった頃に始めた。丁度良かった。

[準備]

  1. アルミホイルを適当な長さに切り、ペンや箸等でくるくる巻いて筒を作る。(生地の中で立てて上下になる部分を1回折っておくと補強されて使いやすい)
  2. それぞれの材料を計量する。
  3. B生地用の砂糖とコーンスターチは混ぜておく。
  4. 卵白は、メレンゲを作るので冷やしておく。ハンドミキサーが無い場合は、シャリシャリする程度まで(凍らせない)冷凍庫に入れるとメレンゲ作りがラク。

[A生地作り]

  1. 卵黄の入ったボウルに、水、オリーブオイルオイルバナナを入れ、とろりとするまでバナナを潰しながら混ぜ続ける。少ししんどいけど、水と油を混ぜなければいけないので念入りに。
  2. 液がトロトロしたら、小麦粉を入れてしっかり混ぜる。練らないに越した事はないけど、ここは全部しっかり混ざるようにする。多少練られても良いぐらいの気持ちで。(★多少粘りが出るぐらいが良い)

[B生地作り]

  1. 冷蔵庫(又は冷凍庫)から卵白を取り出し、ミキサーの低速で、卵白を切るように、数回スイッチを切りながら混ぜる。卵白の繊維(?)が切れたら、高速で一気にメレンゲを作る。
  2. 卵白のツノが立つまで泡立てたら、[準備]で混ぜておいたコーンスターチを加え、低速で混ぜる。
  3. 最初にできたメレンゲのふわふわが、硬いしっかりしたメレンゲになったらOK。★ここでしっかりかたいメレンゲにしておく。

[生地の仕上げ]

  1. B生地の1/3量をA生地に入れ、しっかりと混ぜる。
  2. 混ざった1をB生地のボウルに入れて混ぜる。(私はここで、荒く刻んだバナナを入れたが、底部にバナナが行ってしまうので、型に生地を入れる時に、バナナを直接散らした方が良いみたい。例:生地、バナナ、生地とサンドする等)

[焼く]

  1. 型の中央に、作っておいたアルミホイルの筒を置き、生地を流し込む。(半分も入れれば十分だと思う)
  2. 天板に並べて、170度20分、後は160度に下げて5〜8分焼く。オーブンによって異なるので、様子をみながら焼く。焼き上がりの確認は、竹串でも良いけど、しっかり弾力のある生地に焼き上げたいので、指で軽く押して確認する。シュッとへこむのではまだ早い。多少弾力を感じるぐらいまで焼く。
  3. 焼きあがったら、ケーキクーラー等に逆さまにして冷めるまで置く。
  4. 完全に冷めたら型から抜く。型やアルミホイルにくっついている生地は、指でスポンジを押し下げると外れる(けっこう潰しても、時間が経てば戻るので大丈夫)。アルミホイルが取りにくい時は、右回り、左回りとクルクル回せば簡単に外せる。

★A生地用のバナナは増やすと焼き時間や焼き加減に影響があるので、そのままが良い。

★その他材料のバナナ(ケーキの具)は、増やしても平気だけど、シフォンのふわふわ感が減る。

★バナナは完熟を使う。バナナが甘いので、砂糖を減らしても良いが、B生地の砂糖を減らす。※私が使った砂糖は、全てきび糖です。グラニュー糖の方が優しい味かも?

★プリン型は、背の高い型と低い型で焼いた。背の高い方が美味しいし見た目も良い。。でも背の高い方が、ちょっとしたミスで潰れやすいかも?丈夫な生地ができていれば大丈夫だと思う。

★型に入れた生地の火の通りが悪いオーブンは、余熱で一緒に温めておくと多少はマシ。それでも焼けが甘い時は、最初から180度で焼くのもありだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*