パンの基本生地目次


パン生地一覧


 


発酵のやり方


  • ビニール袋大きな天板を利用する時等に便利な方法。
    1. 天板がスッポリと入るサイズのビニール袋(買い物袋やゴミ容器用)の中に、濡れ布巾を敷く。
    2. 布巾の上にパン生地を乗せた天板やボールを置いて発酵させる。
      ※温度が低い・乾燥しやすい場合は湯を入れたコップを一緒に入れる。

      ※半透明のビニール袋は中の様子が見えやすいので便利♪

  • ホットプレート
    保温機能や余熱を利用して発酵します。
    蓋付きのホットプレートは、背の高くない成形パンの発酵にピッタリ。発酵終了後、ホットプレートで両面焼いてもOK♪

    1. 発酵に丁度良い35~40度程度(お風呂に入る時にドアを開けた時に感じる暖かさぐらい?←わかりにくい?)の温度に温めながら発酵させる。
      ※天板やボウルを乗せる場合でも、濡れ布巾は敷いておきます。(高温にならないようにする為)
      ※湿度が足りない場合も、湯を入れた容器を入れたり、プレート(鉄板)に少し湯を張って湿度を保つ。
  • 土鍋
    保温・保湿療法に優れているので、私には大好きな発酵方法です。私はビニールか土鍋発酵が多いです。オーブンも使いますけど・・・

    1. 土鍋を約1分程度火にかけて温める。
    2. 火傷に気をつけながら土鍋の中の温度を見て(手を入れちゃいます)、ちょうど良かったら生地を入れて蓋をする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*